未来の大阪の運動会について

つくる

遊ぶ(試す)

未来の大阪の運動会は、
「新しいスポーツ」を
作り・体験する運動会形式のイベントです。

1日目の“スポーツハッカソン“では、頭と身体をフル回転して、新しい【種目】や運動会の様々な要素を作り上げます。 2日目の“未来の運動会“では、大阪・キタに「住んでいる人」「働いている人」「学んでいる人」「遊びに来る人」、 誰もが一緒になって、ハッカソンで作った【種目】や【運動会】を楽しみます。

この動画は、2019年11月に行う第2回「未来の大阪の運動会」に向けて行った、スポーツ共創ワークショップの記録映像です。 未来の運動会は、スポーツ共創という手法を使って、皆で運動会種目を作り上げます。
アイデアやテクノロジーや遊び心を詰め込んで、新たな種目を製作します。
今年は「誰もが自分なりの楽しみ方をみつけられる」という未来の運動会の特徴に一層注目して、より多様な人達と場を共有するための準備を行っています。 準備の一環として、大阪市長居障害者スポーツセンターにて、スポーツ共創ワークショップを実施しました。
未来の大阪の運動会で生まれる【種目】は、大阪のご当地スポーツとして、また「自分達にピッタリなスポーツ」として改変されながら広がっていくのです。 こうして、皆がこうで有りたいという未来の大阪の姿が、運動会の場に現れるのです。

大阪で、新しい運動会を作ってやってみよう!

頭と身体をフル回転して、新しい「種目」と「運動会」を作りながら遊びましょう。 今までとはちょっと違う「未来志向の運動会」です。 2019年11月10日に梅田で開催される「未来の運動会」と、 その前日11月9日に運動会の種目を作る「スポーツハッカソン」の2日間行われます。 2日間のうちどちらからでも参加できます。

新しい競技をつくろう! スポーツハッカソン

11月9日(土)/10日(日)
梅田東コミュニティ会館
定員
30人
開催時間
 9日11:00~19:00
10日 9:00〜12:00

新しい競技であそぼう! 未来の運動会

11月10日(日)
梅田東コミュニティ会館
定員
200人
開催時間
13:00~17:00

スポーツハッカソン

運動会をハックしよう。

メディア・テクノロジーやイベント運営のプロと一緒に、頭と身体をフル回転させて 新しい【種目】だけでなく【音楽】【ダンス】等、誰も体験したことのない運動会を 皆で協力して1日でつくりあげましょう!

アイディア出し

こんな人におすすめ

▶︎ 運動会で地域を盛り上げたい人
▶︎ インストラクター
▶︎ スポーツ愛好家
▶︎ アスリート
▶︎ プログラマー
▶︎ ゲームデザイナー
▶︎ テクノロジーやアートを使って新しい「種目」や「運動会」を作りたい人

オキュラス・スマートフォン

未来の運動会

生まれたてのスポーツをプレイするのはあなた!!

前日のスポーツハッカソンで生まれた、大阪らしいオリジナリティある新種目で運動会を楽しみましょう。
優しく全員でプレイできる種目、屈強な代表選手の種目、見たことないテクノロジーを使ったスポーツ等、いろいろ作って用意してまっています。
ご家族と、友達と、ご近所さんと、おひとりでも、子供からおじいちゃんおばあちゃんまでだれでも参加できます。 優しく全員でプレイできる種目や、キッズスペースも用意いたします。 学校や地域の運動会とはひと味違い、普段の運動会では使われることのないテクノロジーや、アイデアを詰め込んだ競技をします。 みんなで一緒に汗かきましょう!

生まれたてのスポーツをプレイ

各地の未来の運動会ではこんな人たちが活躍!

▶︎ 中学生
▶︎ 大学教授
▶︎ 栄養士
▶︎ プログラマー
▶︎ 手品師
▶︎ ゲームクリエイター
▶︎ エンジニア
▶︎ 地域おこし協力隊
▶︎ ラッパー
▶︎ 演出家
▶︎ 大学生
▶︎ MC
▶︎ ゲーム実況者
▶︎ ダンサー
▶︎ 振付師
▶︎ 学校教諭
▶︎ 看護師

ネット検索

わたしも一緒に参加します!

朴鈴子

上林 功(うえばやし いさお)

株式会社スポーツファシリティ研究所代表取締役/追手門学院大学社会学部スポーツ文化専攻准教授 1978年生、神戸市出身。神戸高校卒業後、京都工芸繊維大学大学院修了、修士(工学)。 早稲田大学大学院博士課程修了、博士(スポーツ科学)Ph.D.。 建築家の仙田満に師事、主にスポーツ施設の設計・監理を担当。 担当作品として「兵庫県立尼崎スポーツの森水泳場」「広島市民球場(Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島)」など。 2014年に株式会社スポーツファシリティ研究所設立、同代表取締役。2018年から追手門学院大学社会学部スポーツ文化専攻准教授。

辰巳遥

大橋 敦史(おおはし あつし)

現代演劇のプロデューサーとして、七ツ寺共同スタジオ、知立市文化会館、同志社大学、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター、毎日放送劇場運営部シアターBRAVA!等を歴任。 舞台芸術以上に共創的な表現を探求する中で「未来の運動会」と、スポーツを創る”スポーツクリエイション”という遊びに出会い傾倒。 現在、一般社団法人共創文化推進委員会代表理事。 UberEats配達パートナー(39才)。運動と運送の領域をクロスオーバーしながら遊ぶ様を、YouTubeチャンネル「オオハシーズ」で発信している。チャンネル登録お願いします。 【オオハシーズ公式チャンネル

辰巳遥

辰巳 遥

長居障がい者スポーツセンターで看護師を経験したのちに、障がい者乗馬を学ぶため北海道へ。 就労や余暇を障がい者と共に過ごす活動を行なってきた。 自身が内部障がい者となった現在は、当事者目線で社会の現状や概念を変えていこうと奮闘中。

谷口彩

谷口 彩(たにぐちあや)

2011年神戸大学大学院人間発達環境学研究科博士前期課程を修了。 2019年度同志社大学プロジェクト科目非常勤講師でスポーツ共創の場をつくる。 現在は、人の可能性の探求と創造を目指し、「共創」「越境」「表現」に焦点をあて活動中。

朴鈴子

朴 鈴子(ぱくりょんじゃ)

1984年、大阪府生まれ。The University of the Arts(米国)大学院博物館教育学修士課程終了後、2010年から2015年まで京都国立近代美術館にて教育普及担当として在籍。 2015年4月より山口情報芸術センター[YCAM]のエデュケーターに着任。 パブリックプログラムの企画、ワークショップのファシリテーションを主に担当。 2016年からは、YCAMの教育コンテンツを学校教育のリソースとして促進すべく、「YCAMスポーツハッカソン」を児童が体験できるプログラムに再設計し、これまでに山口市内約15校の小学校で実施。

※50音順

未来の大阪の運動会